投資の相談

こんにちは紺野昌彦です。

ここ数年、FXやバイナリーなどの投資の勧誘ビジネスが流行っています。
また今は下火ですが昨年春ごろまでは暗号通貨のICOなどの投資もどこに行っても耳にする事が多かったのも記憶に新しいと思います。
またAIトレードやアビトラージも今もまだまだ盛んのようですしね。

投資の相談

もちろん通常の株やFX、不動産などのオルタナティブ的な投資はもとより、上記のような新興的な投資案件も多く決して否定しているわけでもありません。

ただ最近Facebookからの相談で、「300万円が全部溶けた」「融資も含め800万円集めたのに配当も止まり元本も返って来ない」「運用者が連絡がつかなくなった」などの相談も倍増しているのも事実でもあります。

もちろん誰でもかれでも相談は受けているわけではありませんが、こんな相談の方々の特徴は全額を一点に投資しているというのが見て取れます。

泣けなしの100万円や200万円や、借り入れした全額の全てを1ヶ所に投資している感じですね。

もちろん無しではないと思いますが、確実に自身でリスクを取っている(持つ)という自覚も必要と思います。

クロージングしている人にうまいこと説明を受けた、相手を信用した、などなど経緯や理由もあるでしょうが、最終的な判断は甘い誘惑に誘われてファイナルジャッジしたのはアナタ自身なのです。

投資はプロでも10%20%の勝率

過去にも書いたことはありますが、ベンチャーキャピタルやファンドと言ったプロ中のプロの投資運用の会社でも、勝率は10%から高くても20%なのです。要するに80%から90%の案件は負けているのが実情です。ですがその10%から20%の勝率から負け分を凌駕する利益を生むからこそ成り立っているビジネスでもあることを理解しましょう。
そんな世界なのに経験の浅いビギナーが一点張りをするとはそういう意味なのです。

また熱心に勧誘するところも、そこまでしないと顧客が集まらないのかもしれません。まともな案件は素人相手にクロージングしなくても十分は資本が調達できますからね。もしくはコミッション欲しさにやたらと勧誘しているパターンでしょう。

このような視点からでも、騙されたって言っている人達の単なる選択ミス、判断ミスであったりだと僕は思います。

運用案件持ってくる人もその案件の中で大当たりは数件しかないのであってそもそもそんな世界なのです。決して嘘つきでも詐欺でもありません。

AIトレードやアビトラージの運用

僕も上記の怪しい?アビトラージやAIトレードなども実は投資案件のひとつとして運用しています。
もちろん投資の全体ボリュームのうちせいぜい二割程度の額面ではあります。

一般的な投資はもちろん運用利回りは高くても年率は10%くらいまででしょう。
ですが、あえてリスク商品とカテゴライズしますが、上記のトレードは月利回りが3%から10%はアベレージで出ています。年率で考えると36%から100%は出ているわけで当然その数字だけで見ると興味を持ってしまうのは否めません。

なので僕は自身の運用額の対比は8:2の割合でこの手の案件には2しか振り分けていないのです。

またこのような話も数多くあるので、どこが長生きしそうなのかもヒアリングした中での直感です。
「あー多分もっても2年だな」「運用益高いけど1,2年内にドボンしそうだな」なんてよく感じますが、それでも場合によっては即決で投資したりもします。
それは頭の中で、「8ヶ月でこれは終了させよう」「これは最大1年で引き上げよう」などとそろばんを弾いています。

そして現在同時並行で7ヶ所らいで運用しています。(僕の個人的な理想は10ヶ所ですが)
例えば700万円だとしたら100万円づつ7ヶ所です。(もっと大きな額でしていますが)

こうすることで7ヶ所でヘッジしていることになりますので、同時に全部ドボンという事は回避できます。

実際に年に1ヶ所はドボンしていますよw

あとこれは福利では絶対に運用していないのも鉄則かもしれません。
もちろん勝負が大好きで資産にゆとりがあるのならばそれはそれでいいかもしれませんが、個人的にはオススメできません。

ですが7ヶ所で現在平均で月利回りが8%出ているので、1ヶ所が死んでもそこまでのダメージがありませんし、利回り分は毎月現金化しているので事実上損はしていません。(よっぽどひと月目やふた月目でドボンしない限り。今のところはありません)
ひとつ死ねば、また1ヶ所を新たに加えるという形でここ2,3年は常時6から7ヶ所は運用しています。

種類はS&P500のAIトレード、FX、暗号通貨アビトラージなど多岐に渡ります。

絶対に数ヶ月から数年でドボンして溶けてしまうのを前提で考えての運用でこうしているのです。

なので一点で張るのも人それぞれかと思いますが、それだけリスクを背負っているという自覚もして欲しいということです。

相談される大半の人は、初心者ではじめてであったり1ヶ所2ヶ所としかしていない人たちが多いようです。
可能なら100万円でも30万円で3つの場所や、300万円でも4,5ヶ所に分散するのがほんとうはいいと思います。
もちろん案件によって投資額のミニマムもありますが。。

あと自分でチャート見ないと行けない、操作しないと行けないのはやってません。めんどうなのでw

暗号通貨はエンジェル投資

まあ昨年からは暗号通貨のICOなどを本気で追っかけている人は相当少なくなったと思いますが、僕も遊び半分でいくつかの暗号通貨は買いました。
辛うじて維持しているのもありますし、ほぼドボンに近いのもあります。通算では負けている感じかもしれませんがw

僕の中では、暗号通貨は事業投資のエンジェル投資としか思えないので、のめり込むこともありませんでした。
基本はエンジェル投資やシード期の投資自体に興味もなかったので。

ただ本気でやるとしても前述の投資と同じく、どれだけ複数に分散で買うかが要だとも思っていました。

幸い僕が買った暗号通貨はほとんどが一応はICOを済ませたのすが、全部が元本割れ。
ですが、直ぐに損切りしてイーサかビットに変えてから暗号通貨のアビトラージに投げたので、一応はコインの価格は下げならでも月に5%から8%の間で増えてはいます。ですが時価総額は総合で落ちていますが。。
まあ塩漬けよりはマシと割り切りっての運用です。
この暗号通貨のお話はおまけ。

もちろん僕自身はプロ中のプロは自負出来ていませんので、あくまでも個人的な肌感覚と、これまでの経験からでしかありません。
メンターなんて過去に一度も持ったことありませんし、基本は僕は人に相談することなく物事を決めてきたので、興味を持っている、これから始めるって方はプロの方に相談するのがいいと思います。

ただし投資に関して10年以上は経験値を持っている方がベターでしょうね。
「FXしか知らない」「バイナリーしかしらない」「アビトラージしかしたことない」って人への相談はNGかも。
そいな方々は分散で5種類も10種類もしたことないはずですからね。
歯医者は歯が痛い時だけですよ。

参考までに

僕の8:2の8の投資は、不動産が6で株や事業投資が4って割合でした。

これについてもまた機会を見て書いてみたいと思います。

紺野昌彦

紺野昌彦

あわせて読みたい