世界で最も降雪量、積雪量の多いのは日本*ニセコ不動産のひみつ

こんにちは紺野昌彦です。
上海、香港、広州から戻り、東京、大阪、沖縄に立て続けに移動して参りました。
そして明日からまた北海道に行ってまいります。

もちろんその理由はニセコの不動産、ルスツの不動産の調査です。

このブログで北海道の不動産、いわゆるニセコ不動産、ルスツ不動産について時折書いていますが、このエリアのウィンタースポーツでの対日インバウンドが増加傾向なのは、同エリアの不動産価格の上昇傾向からも見て取れるかと思います。

何度かニセコ不動産の人気のメカニズム、ルスツ不動産がオススメの理由は書いてきましたが、ここでもう一つ面白い統計もあったので、書いてみたいと思います。

その前に過去記事です。
まだ目を通していない方は是非。

ニセコとルスツの過去記事

日本は世界トップの雪国

日本のウィンタースポーツ人口は約600万人と言われていますが、JTBのリリースした情報では、北京冬期五輪後の中国からの訪日インバウンドでのウィンタースポーツ観光客は2030年には1000万人を超えると指標が発表されています。

ちなみこの記事がJTBの指標が書いてあるメディア記事です。

訪日ウインタースポーツ人口は2030年に1000万人超える

もちろんこれにプラスして、ASEAN各国や欧米からもウィンタースポーツ人口の訪日インバウンドは増加するでしょう。
さてそんな日本の降雪量、積雪量はダントツで世界一というのは皆さんご存じでしょうか。

以下は世界の積雪量ランキングです。

8位 秋田市 272cm
7位 カナダ サグネ 312cm
6位 アメリカ シラキュース 124インチ
5位 カナダ ケベック 315cm
4位 カナダ セントジョーンズ 333cm
3位 富山市 363cm
2位 札幌市 485cm
1位 青森市 792cm

↑ ↑ ↑
ネット上の記事の引用。

日本で最も良質な雪が大量に降雪するのは北海道のニセコ連邦から羊蹄山、余市岳にかけての北側です。このエリアも5mを超える積雪で日本で有数の豪雪地帯。
北海道の他のエリアで比較すると、洞爺湖以南にはあまり雪が降りません。 それは日本海で水分を帯びた雪雲は、ほとんどの雪をこれら標高の高い山々で降雪させた後、空風だけが太平洋側、オホーツク海側に流れるからなのです。

仮にですが、地球の温暖化で積雪が半減したとしても、世界一の降雪量を誇るのは我が国日本なのです。そんな雪が今では大きくお金に変わる時代のようです。

ニセコの不動産の人気の秘密は、実はこんなところにも隠されているのです。
ニセコ、ルスツ、キロロ付近のリゾートが外国ディベロッパーが盛んなのが頷けます。

北海道は暖かい?

それと気温です。
カナダやヨーロッパにスキーに行ったことがある人は、ご存知でしょう。
顔全面を覆わなければ、寒すぎる気温を。もちろんゲレンデの長さもありますが、寒い日はマイナス15度以下でマイナス20度くらいまで下がります。
それと比べると日本のスキー場はパウダースノーを楽しめるところでもせいぜい寒い日でマイナス10度前後です。

欧米から来たスキーヤーに聞いてみると、この積雪量、この雪質でここまで暖かいところは日本だけを言っていました。

もちろん都市部に住む僕らが北海道のスキー場に行くと十分寒いのですが、カナダや北欧からの人からすれば問題ないレベルのようですね。

ニセコ不動産

ニセコ不動産

ルスツ、ニセコのスキー場

僕もここ数年は毎年、ルスツスキー場に足を運んでいますが、かなり納得できる内容雪質でした。
元々か関西出身だったのもあり、昔からよく出かけるスキー場は鉢伏、神鍋、琵琶湖バレー、などの関西圏のスキー場でした。そして時折、信州方面に出かける感じでした。今思えば懐かしいです。

北海道のスキー場に足を運ぶようになってからは、雪質、ゲレンデのコンディション共に一番ですね。

さー雪が積もる前に、あと2回はルスツ不動産、ニセコ不動産の視察に行ってきます。

今年は3箇所の土地の購入が出来ました。
仕込めるのはあと2年くらいでしょうか。北海道の不動産投資の旅は続きます。

紺野昌彦

あわせて読みたい