タイ直接投資額増加、投資申請額6倍に拡大1~3月期

タイ直接投資額増加、投資申請額6倍に拡大1~3月期

現在タイは諸外国からの投資が加速している。

一昨年の反政府デモ、そして昨年の軍事クーデターの跳ね返りと、ASEAN(AEC)統合前の駆け込み乗車などの影響だろう。
タイ投資委員会(BOI)によると2015年の1~3月期の投資恩典申請額(BOIを申請して事業進出した場合、資本金比率や労働ビザなど一定の制限解除が認められる)は、申請件数が793件で額面規模では、2175億6000万バーツ(約7745億円)に達し、前年同期の346億5000万バーツから約6倍に拡大した。

これまで長引いてきた政治混乱などにより、2014年の国内総生産(GDP)成長率が0.7%にとどまるなか、同国政府は成長を牽引(けんいん)する民間投資の拡大に向け、申請手続きの迅速化などを進めており、今期で3%から3.5%のGDPへの回復を予想している。

投資事業を分野別にみると、サービス・インフラ関連が605億7000万バーツ(申請件数176件)、電子・電機製品が561億3000万バーツ(98件)、化学・プラスチック・製紙が358億5000万バーツ(179件)、金属・機械・輸送設備が298億8000万バーツ(145件)などとなっている。

タイ投資委員会BOIは、さらに総額288億3000万バーツ(176件)が申請待ちとなっているとのことで。ヒランヤ事務局長代行は、速やかに審査を進める方針で、投資加速が景気てこ入れを大きく後押しするとの見方を示した。

 

実際に経済が顕著なのも特徴

観光客の増加は今年は2800万人に達する可能せいもで出来ており、中でも中国からのインバウンドが急増しており、同期の同国主要6空港の旅客数は前年同期比22.9%増と急伸している。

さらにはタイ経済を後押しするのが、タイと国境を接するミャンマー、ラオス、カンボジア、マレーシアとの国境貿易額の増加で、国境貿易額は2014年の9000億バーツ(約3兆3300億円)から2015年は1兆5000億バーツと約倍近くの増加が見られる。
これらはASEAN(AEC)統合に合わせた各種手続きの簡素化などが大きく反映されている。

10958275_793750413993380_2085676550_o

記事引用

http://www.boi.go.th/index.php?page=index&language=ja

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/150609/mcb1506090500007-n1.htm

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/150513/mcb1505130500006-n1.htm

  • Facebook
  • Google Plus
  • Twitter
  • RSS
  • Email

master

08439696

You may also like...

1 Response

  1. 2015-07-01

    […] これ以外に大きのが、外国企業からの直接投資額の増加がある。 タイ投資委員会(BOI)によると2015年の1~3月期の投資恩典申請額(BOIを申請して事業進出した場合、資本金比率や労働ビザなど一定の制限解除が認められる)は、申請件数が793件で額面規模では、2175億6000万バーツ(約7745億円)に達し、前年同期の346億5000万バーツから約6倍に拡大した。 詳しくは過去ブログ参照,http://konnomasahiko.com/id/2763#sthash.46FLvxmL.dpuf […]