タイ不動産、バンコク不動産の動向予測

紺野昌彦

08439696

あわせて読みたい

5件のフィードバック

  1. 2015-06-20

    […] タイ不動産、バンコク不動産、パタヤ不動産価格の上昇 […]

  2. 2015-06-20

    […] タイ不動産、バンコク不動産の動向予測 […]

  3. 2015-06-25

    […] タイ不動産、バンコク不動産の動向予測 […]

  4. 2015-06-26

    […] 通まであと3年。これらの新路線は周辺地価の上昇が期待される。昨年まで小康状態であったタイ不動産の販売傾向はさらなるバンコクの開発により路線価、賃料などの上昇が見られる。 […]

  5. 2017-09-29

    […] 今年過去最高の観光客数が確実となりそうなタイ王国。 各国からのフライトは増便傾向が続いている。国内線の増便はさることながら、パタヤから約1時間のウタパオ空港も活気だっている。 4月にはバンコク、ドンムアン空港から国内線カーンエアーがウタパオ線が就航し、今回はマレーシアクアラルンプールからエアアジアが就航した。7月16日に初日のフライトでは、85%の乗機率とのこと。 エアアジアでは、パタヤの玄関口であるウタパオ空港と中国の複数都市への祖先を開設する計画で、10月ごろには実施とのこと。 パタヤは、ルーブル安のロシア人に入れ替わり、中国人の増加が目立つ。 現在はまだ団体旅行の傾向が強いが、中国路線の就航で個人旅行などへの今後はシフトし、大きくビジネス等の数字にも反映することに期待したい。 実際にパタヤでの不動産に中国人の購買が目立ち始めている。 […]